若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011

若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011は盛会のうちに終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。


開催期日・開催地変更のお知らせ 


東北地方太平洋沖地震被災地の皆様に心よりお見舞申し上げるとともに、被災地の皆様のご無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。

当セミナーも震災およびその後の状況を配慮し、開催を延期しておりましたが、以下の通り、期日・場所を変更して開催することに決定させていただきました。事前参加登録期間も延長いたしますので、奮ってご参加のほど、お願い申し上げます。

(2011年4月7日(木)12時00分現在)


2011/4/7
セミナー開催期日・開催地変更のお知らせ
2011/3/17
セミナー延期のお知らせ
2011/1/13
若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011ホームページを開設しました。
事前参加登録の申込み受付を開始しました。

主題

「確固たる基本を身につける」

日程 2011年5月29日(日) 9:00-16:10

会場 ヒルトン福岡シーホーク
   〒810-8650 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3 
   TEL:092-844-8111 FAX:092-844-7887

主催 若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011
   会長 勝田俊郎
      北九州市立医療センター 脳神経外科

定員 250名(申込み先着順) 

参加費 ¥10,000  ※事前入金確認をもって参加登録となります。

会長挨拶

ご挨拶

Toshirou_Katsuta.jpg若手のための微小脳神経外科解剖セミナー 2011
第25回微小脳神経外科解剖セミナー

会長 勝田俊郎 
   北九州市立医療センター 脳神経外科


 1986年に始まった微小脳神経外科解剖セミナーは、今年で第25回を迎えます。以前は毎年一度、日本脳神経外科コングレスに付随して開催されておりましたが、2008年からは現在のように「若手のための・・」と、コングレス中の合同セッションとの2部に分けて行われるようになりました。合同セッションでの講演内容がかなり専門的であるのに対し、「若手のための・・」は文字通り若手の脳神経外科の先生方を対象とし、より基礎的なものを取り上げて、よりわかりやすく伝えるという趣旨があります。
 今回は4回目に当たりますが、上記の趣旨を鑑み、テーマを「確固たる基本を身につける」としました。専門医試験前の先生方や、そろそろ手術が回ってくるであろう若い世代の先生方に、是非憶えておいて頂きたい内容を伝えるセミナーにすることを念頭に、敢えて特定の領域に重点を置くことはせず、広い範囲を網羅したプログラムを組んでおります。従いまして、いささか月並みな構成になった感は否めませんが、この中にこそ脳神経外科医として習得しておくべき基本があると信じております。このセミナーを通して、手術あるいは治療計画に必要な解剖のエッセンスを身につけ、役立てて頂ければ幸甚です。
 皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011 プログラム

*日程:2011年5月29日(日)9:00-16:10
*会場:ヒルトン福岡シーホーク

主題:『確固たる基本を身につける』

9:00 セッション1 座長:産業医科大学 脳神経外科 西澤 茂
    S1-1 Pterional approachにおけるSylvian fissureの開放について
        佐賀大学医学部 脳神経外科 井上 浩平
    S1-2 Orbitozygomatic approachのための微小解剖
        順天堂大学医学部 脳神経外科 堤 佐斗志
    S1-3 Dolencのアプローチ
        産業医科大学 脳神経外科 西澤 茂
    S1-4 前方接近法で必要な穿通枝の解剖(Ant. Choroidal a.含む)
        佐賀県立病院好生館 脳神経外科 坂田 修冶
10:40【コーヒーブレイク】
10:50 セッション2 座長:北九州市立医療センター 脳神経外科 勝田 俊郎
    S2-1 Interhemispheric approach
        網走脳神経外科・リハビリテーション病院 脳神経外科 谷川 緑野
    S2-2 頭皮の切開と縫合法 -整容の観点からの助言-
        飯塚病院 形成外科 山内 俊彦
    S2-3 経蝶形骨洞手術
        北里大学医学部 脳神経外科 大澤 成之
12:05【ランチョン】 座長:福岡大学医学部 脳神経外科 井上 亨
    L-1  頚椎手術(チタンケージの使用法を含む)
        愛知医科大学 脳神経外科 高安 正和
    L-2  ドリルと超音波破砕装置の使い分け
        演者:国立循環器病研究センター 脳神経外科 中嶌 教夫
13:10 セッション3 座長:佐賀大学医学部 脳神経外科 松島 俊夫
    S3-1 Lateral Suboccipital approach
        北里大学医学部 脳神経外科 溝上 康治
    S3-2 錐体静脈の微小外科解剖 -小脳橋角部上部の手術のために-
        佐賀大学医学部 脳神経外科 松島 俊夫
    S3-3 Transcondylar and transcondylar fossa approach
        佐賀大学医学部 脳神経外科 河島 雅到
    S3-4 Cerebellomedullary fissureの解剖
        福岡大学医学部 脳神経外科 安部 洋 
14:50【コーヒーブレイク】
15:00 セッション4 座長:北里大学医学部 脳神経外科 藤井 清孝
    S4-1 側頭骨の解剖 -transpetrosal approach-
        札幌医科大学 脳神経外科 鰐渕 昌彦
    S4-2 松果体部へのアプローチ
        新潟大学脳研究所 脳神経外科 福多 真史
    S4-3 脳室内の解剖(内視鏡も含め)
        飯塚病院 脳神経外科 名取 良弘
16:10 終了予定

※日程変更のため、プログラムの一部に変更が出ることを予めご容赦下さい。

LinkIconプログラム改訂版 PDF(77KB)

交通案内

会場 ヒルトン福岡シーホーク

〒810-8650 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3 
TEL:092-844-8111 FAX:092-844-7887
map_kouiki.pct

アクセスの詳細は、ヒルトン福岡シーホークのホームページをご参照下さい。

LinkIconヒルトン福岡シーホーク

参加登録

若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011は盛会のうちに終了致しました。

多数のご参加ありがとうございました。

若手のための微小脳神経外科解剖セミナー2011 登録事務局
北九州市立医療センター 脳神経外科 勝田俊郎
〒802-0077 北九州市小倉北区馬借二丁目1番1号
TEL:093-541-1831 FAX:093-533-8693